玄米が注目を集めている理由【高い栄養価を誇る】

美味しい炊き方

玄米おにぎり

水に浸け圧力をかける

玄米には白米よりもビタミン類やミネラルや食物繊維が豊富に含まれているため、毎日の食卓で食べたい食品です。しかし、なぜ白米を食べる人が多いかというと、どうしても味が損なってしまうからです。そのため、美味しく食べる工夫が必要となります。まず最初に必要なのは水に浸けることです。夏場は半日から1日かけて、冬場は1日から1日半が理想的だと言われています。多くの水分を吸収させることでふっくらと炊き上げると共に、健康効果を促進できると言われています。長期間に浸すのは大変だと思われるかもしれませんが、夕食の支度をしているときに玄米を浸ければ翌日の夕食の準備は完了です。慣れればそう難しいことではありません。そして、しっかりと水を吸収させたら炊き上げに入ります。ここで重要なのは普通の炊飯ジャーではなく圧力鍋を利用するのがポイントです。約30分ほどで炊き上げることができます。圧力を加えることによって玄米でもふっくらと柔らかく炊くことができるわけです。また最近の炊飯ジャーによっては圧力を加えることができる製品も販売されています。それがご家庭にある場合は、そちらでも十分に美味しく炊けるでしょう。ここまではあくまでご飯としての炊き方です。一方、玄米はイタリアンリゾットとの相性が良いとも言われています。イタリア料理好きな方ならば、様々なリゾットを玄米で作ってみるとメニューのバリエーションが大幅に増えるでしょう。